暇人の寝室

技術系の記事や読書・アニメの感想などを投稿します。

【感想】「本日は、お日柄もよく」原田マハ
投稿者: ylafaro0310
2021.01.12

読書

この本は友人におすすめされた本だ。スピーチライターという、もしかしたらあまり知られていないかもしれない職業を扱ったストーリーだ。それだけに、言葉の持つ力を感じさせてくれるとても良い本だ。

ネタバレを避けるためあまり多くを語りはしないが、言葉の力を信じるキーマンとも取れる人物が何人か出てくる。彼らは言葉の持つ力によって世界に変化を与えることができると考えている一方で、世界を動かすような力ではないこともわきまえている。スピーチを書く際には話す人の特徴をしっかり観察しながら、その人の考えを汲み取りながら書いていく。あくまでそれを話すのはスピーチライターではないので、世界を動かす力を持っているわけではないと自覚しているのだろう。言葉を扱う上での真摯な姿勢がすごく好きだった。

スピーチのやり方についての豆知識もいくつか挙がっていて、知識としても面白い。聴衆が静かになるのを待ったり、キーワードを設定したりと現実でも使えそうな内容が多い。ストーリーを楽しみながら知識を楽しめるのも良いところだろう。

肝心のストーリーも、全体が動いていく中で主人公が自分の気持ちと向き合う瞬間は感情の波が大きく押し寄せてくるようで、心地よかった。伏線から展開していくのがとても上手な作家さんなのかもしれないと感じた。なので、後半は映画を見るように一気に読み進めた。

この記事を見ている方がもしもいたら、ぜひこの本は手に取ってみてほしい。

カテゴリ:エンターテイメント,読書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


プライバシーポリシー/ ©2020 暇人の寝室