Composerの使い方についてまとめてみる

経緯

↑前回の記事

前回NPMの使い方をまとめたので、今回はバックエンドでよく使うComposerもまとめようと思う。

概要

ComposerはPHPのライブラリ管理ツールだ。NPMのPHP版と言って差し支えないだろう。

よく使うコマンド

composer require

プロジェクトで使用するライブラリはcomposer.jsonのrequireキーに記述するか、

$ composer require monolog/monolog

とコマンドを打つと良い。

composer install

composer.jsonに記述されたライブラリ郡をインストールする。composer.lockファイルがある場合はそこに記述されたバージョンでライブラリをインストールする。

composer update

ライブラリのアップデートを行う。

composer show

ライブラリの一覧を表示する。

composer search

packagistのリポジトリ内のライブラリを検索する。

composer outdated

ライブラリの更新があるかを確認出来る。

composer dump-autoload

composer.jsonのautoloadを更新する場合はこのコマンドを実行する。後述するautoload.phpが更新される。

autoload.phpについて

ライブラリをインストールするとcomposerが自動で書き出すファイル。このファイルをインストールするだけで、各ライブラリが公開しているクラスを利用することが出来る。

また、composer.jsonのautoloadに以下のように記述すると自身で作成したクラスを読み込むことも出来る。この場合はdump-autoloadを実行する。

{
“autoload”: {
“psr-4”: {“MyClass\\”: “src/”}
}
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA