NPMの使い方についてまとめてみる

経緯

Reactで開発する際に避けて通れないのがNPM。よく使うコマンドを私的メモも兼ねてまとめてみる。

時々更新する(かもしれない)。

概要

NPMはNodeJS Package Managerの略で、JavaScriptのライブラリ管理に用いられる。

よく使用するコマンド

npm install

名前の通りパッケージをインストールする。通常は実行ディレクトリ下のnode_modulesにインストールされる。-gを付けるとグローバルインストールとなる。

-D、または–save-devとするとdevDepenenciesに追加され、npm install –productionとした時にインストールされない。要は開発環境でしか使用しないパッケージ用。

インストールするとインストール時のバージョンが記載されたpackage-lock.jsonファイルが書き出される。

package-lock.jsonがある場合にinstallコマンドを実行すると、初回インストール時と同じバージョンでインストールできる。

npm update

パッケージのアップデートを行うコマンド。

npm list

パッケージの一覧を表示する。

npm search

NPMリポジトリ内のパッケージを検索する。

npm outdated

パッケージに更新があるか確認出来る。

npm audit fix

パッケージの脆弱性を調査し、自動で依存関係の修復を行う。

npm run

package.jsonのscriptsに書かれたコマンドを実行する。エイリアスのようなもの。テストコマンドやビルトインサーバの起動コマンドをscriptsに書いておくと便利。

npm testはnpm run testと同義。

npx

ローカルに無いパッケージの場合、一時的にグローバルインストールし、ローカルにインストールせずにライブラリのバイナリを実行できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA