QQIQ「001-010」・感想

前回に続きQQIQを聴いた。
アルバムのタイトルから推測するに、これは初作なのだろうか。

前回聞いた000-000と比べるとバンドっぽいスピード感がある。
一方で、QQIQ自体は孤独感を感じさせるアーティストだなとも思う。
良い意味でポップさが無く、歌詞をすっと差し込んでくるような歌が心地よい。
作業しながら聴いていたが、ふとした時に歌詞やフレーズが浮かんでくる。
いつの間にか心に入り込んでくるあざとさが堪らない。

もう少し聴き込んでこのアルバム、さらにはQQIQの発するメッセージを感じ取れるようになりたいと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA