暇人の寝室

技術系の記事や読書・アニメの感想などを投稿します。

【感想】「口下手で人見知りですが、誰とでもうちとける方法、ありますか?」
投稿者: ylafaro0310
2020.01.11

読書

友人に呼んでみるように渡された本がこの本だった。
実際、人とうちとける方法について悩んでいたので、良い巡りあわせだった。
そして答えの一つを得られたと思う。

要約

何かが上手くいかない時、自分が緊張している可能性がある。
そして緊張の原因には思い通りにしようとしていたり、褒められたいと思っていたりと自分の本心が隠れている。
緊張をほぐすエクササイズを通して、普段から自分の緊張に関しての感覚を鋭敏にしておく。
エクササイズとして「スワイショウ」という全身を感じる運動と目の運動が紹介されている。
これらの運動をすることで緊張に気付き、誰とでも打ち解けるようになる。

感想

コミュニケーションについてというより、生き方そのものにも適用できる考え方だと思った。
知らず知らずのうちに力が入っていることはあって、それに気付くことは中々無いからだ。

例えば、楽器の練習や運動などで力が入っている部分を意識することは上達に不可欠だと思う。
本の中でも言われているように、上手くいかないことを相手のせいや環境のせいにしても何も変わらない。
自分に意識を向けてみることで自ずと上手くいかない原因が見えてくる。

この本を読んでからというもの、会話中の自分の緊張を意識することに注力した。
まだ会話が上手になった実感はないが、人と対面しているときの自分の言葉や様子を客観的に見られるようになった。
結果、自身の言葉が詰まる原因は、発言の選択肢のうちどれを発するかを決められないことにあると分かった。

スワイショウなどのちょっとした運動で感覚を研ぎ澄ましておき、もっと自分や相手を落ち着いて見ることが出来るようになりたい。
おそらくコミュニケーションに関する色んな課題が見つかるはずだ。
それらに気づくことこそ人と打ち解けるための第一歩になると思う。

カテゴリ:エンターテイメント,読書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


プライバシーポリシー/ ©2020 暇人の寝室