集団行動「SUPER MUSIC」・感想

ポップさを増しており、聴いていて楽しいアルバムだった。

先日別のアルバムを聴いて良かったので、その流れで最新のアルバムも聴きかじることにした。

前作と比べるとバンドらしさがある。 楽器隊がフレーズのリズムをかっちり合わせている場面が増えた。 ベースが正式加入した結果なのだろうか。

そして今回は歌詞もキャッチーなフレーズが強調されていた。 キャッチーな仕掛けにより曲が耳に残っていると、真部さんの策に掛かってしまったなと嬉しくて、悔しいような気持ちになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA