BiSH「Brand-new idol SHiT」・感想

友人にBiSHを勧められたのでデビューアルバムである「Brand-new idol SHiT」を聴いてみた。
アイドルの曲を聴かない自分でも馴染みやすく、良いアルバムだった。

アイドルのアルバムを腰を据えて聴いたのは初めてだ。
BiSHの名は「新生クソアイドル」が由来らしい。
どんな音楽なのかと身構えていたが、案外ロックテイストで馴染みやすい。
アイドルでありながらさほど媚びた歌詞じゃないのが良い。
また、他のアイドルの曲のように一斉に歌うのでは無く、一人一人が歌うアレンジが好き。

本アルバムは松隈ケンタ氏がほとんどの曲のサウンドプロデュースを務めているようだ。
この松隈ケンタ氏がアイドル一人一人の歌を聞かせたい人らしく、そういったアレンジにしているようだ。

その他アレンジについて、歪みギターによる壁はそんなに重たくないが隙間を埋める役割を十分に担っている。
そしてその内側で動くベースが好き。

そんなこんなで1アーティストとしてのBiSHを好きになった。
勧めてくれた友人に感謝しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA